ママプランナー

みなさま、こんばんは。

Belvedereの望月です。



“働き方改革”

という言葉が男女問わず、世の中に飛び交っています。


それは決して他人事ではなく

私たちブライダル業界にもその波は来ていているのですが

なんだかまだまだ着手する会社は少なく

実は女性プランナーはとても働きづらい業界なのです。



正直

ウエディングプランナーって今で言う“ブラック企業で”

ウエディングがある日は早朝に出勤をし

帰宅は終電とかザラだし

基本的には土日祝日は休めない。


こんな状況であるとママになったら間違いなく働けないのです。


そして私はママプランナー。


ウエディングがある週は前日から泊まり込みで現場に入り

翌当日を迎えて全てを撤収してから帰るので

帰宅はもちろん深夜。


子どもたちの運動会に出られる保証はなく

学校の行事にも参加するのが難しい。


ダメママですね。


私はこの仕事が大好き過ぎて

それも覚悟で立ち上げた訳なので

ある程度主人は協力的なのですが通常はそうもいかない。


だから!!

助けたいのです。

ママプランナーを助けたい。


ウエディングが大好きで

渋々業界を離れたママたちに寄り添いたいと思うのです。

私に何ができるのかはわからないけど

何かしたいと思っています。


今日はなぜこんな話しを熱く語るのかというと

うちの子ども(お兄ちゃんの方)が学校でお友達に怪我をさせてしまい

一日中、あっちこっち走り回っていました。

もちろん1日出勤はできず

スタッフのTomomiには迷惑をかけてしまったんですが

子どもを抱えていると病気やら何やらで

こんなことは日常茶飯事。


今の環境だからできること。

この状況を全員に強要しようとは思っていません。


私たちにできることをする。

Give & Take

Win-Win

(古い?)

の精神です。


日本は本当にまだまだ考え方が凝り固まっているけど

(それが良さでもあったりするけど)

温故知新。


私は今できることをやり続けたいです。

ママプランナーさん、ご相談はお気軽に!

info@sweet-wedding.info

What's “Belvedere wedding” ?

ウエディングスタイリスト望月実沙の ベルベデーレ流なウエディング